インテリア、寝装、寝具、室内装飾品、原材料の輸出、輸入販売また国内での販売、企画、コンサルティング業務、ベッドマットレス、ソファー、チェアー洗浄業務の事なら黒田商事。
Kuroda Shoji If that domestic sales, planning, consulting business bed mattress, sofa, chair cleaning business Export interior, bedding, bedding, upholstery, of raw materials, also import and sell.

インテリア、寝装、寝具、室内装飾品、原材料の輸出、輸入販売また国内での販売、企画、コンサルティング業務、ベッドマットレス、ソファー、チェアー洗浄業務の事なら黒田商事。
Kuroda Shoji If that domestic sales, planning, consulting business bed mattress, sofa, chair cleaning business Export interior, bedding, bedding, upholstery, of raw materials, also import and sell.

インテリア、寝装、寝具、室内装飾品、原材料の輸出、輸入販売また国内での販売、企画、コンサルティング業務、ベッドマットレス、ソファー、チェアー洗浄業務の事なら黒田商事。
Kuroda Shoji If that domestic sales, planning, consulting business bed mattress, sofa, chair cleaning business Export interior, bedding, bedding, upholstery, of raw materials, also import and sell.

事業内容

 

・インテリア/寝装/寝具/室内装飾品

 

 原材料の輸出・輸入販売また国内での販売・企画

 

・コンサルティング業務

 

・ベッドマットレス/ソファー/チェアー洗浄業務

 

クリーンアップクロダ

事業内容

 

・インテリア/寝装/寝具/室内装飾品

 

 原材料の輸出・輸入販売また国内での販売・企画

 

・コンサルティング業務

 

・ベッドマットレス/ソファー/チェアー洗浄業務

 

クリーンアップクロダ

事業内容

 

・インテリア/寝装/寝具/室内装飾品

 

 原材料の輸出・輸入販売また国内での販売・企画

 

・コンサルティング業務

 

・ベッドマットレス/ソファー/チェアー洗浄業務

 

クリーンアップクロダ

会社概要

会社名:株式会社黒田商事

URL:http://www.kurodashoji.co.jp

所在地:〒185-0013

東京都国分寺市西恋ヶ窪2-10-19 東京ビル19.B-1

電話番号:042-349-6723

FAX番号:042-349-6724

代表取締役:黒田俊範

資本金:1,000万円

設立:平成20年11月20日

事業内容:インテリア、寝装、寝具、室内装飾品、原材料の輸出、輸入販売また国内での販売、企画、コンサルティング業務 ベッドマットレス、ソファー、チェアー洗浄業務

会社概要

会社名:株式会社黒田商事

URL:http://www.kurodashoji.co.jp

所在地:〒185-0013

東京都国分寺市西恋ヶ窪2-10-19 東京ビル19.B-1

電話番号:042-349-6723

FAX番号:042-349-6724

代表取締役:黒田俊範

資本金:1,000万円

設立:平成20年11月20日

事業内容:インテリア、寝装、寝具、室内装飾品、原材料の輸出、輸入販売また国内での販売、企画、コンサルティング業務 ベッドマットレス、ソファー、チェアー洗浄業務

会社概要

会社名:株式会社黒田商事

URL:http://www.kurodashoji.co.jp

所在地:〒185-0013

東京都国分寺市西恋ヶ窪2-10-19 東京ビル19.B-1

電話番号:042-349-6723

FAX番号:042-349-6724

代表取締役:黒田俊範

資本金:1,000万円

設立:平成20年11月20日

事業内容:インテリア、寝装、寝具、室内装飾品、原材料の輸出、輸入販売また国内での販売、企画、コンサルティング業務 ベッドマットレス、ソファー、チェアー洗浄業務

個人情報保護方針

1.個人情報保護宣言

株式会社黒田商事(以下「弊社」といいます。)は、会員皆様へ安心・安全・信頼のサービスを提供するに当り、会員皆様の全ての個人に関する情報(以下「個人情報」といいます。)の取り扱いについて規定を定め、個人情報の適切な保護に努めてまいります。

2.個人情報保護方針

(1)弊社は、個人情報保護法及び通信の秘密に係る電気通信事業法の規定その他の関係法令を遵守します。

(2)弊社は、電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン(平成16年8月31日総務省告示第695号)を遵守します。

(3)弊社では取り扱うすべての個人情報に対し、適切な管理を行います。

(4)弊社で業務に従事するすべての者は、会員皆様をはじめとする各種個人情報を守り、その信頼に応えます。

(5)弊社は、情報への不正アクセス、情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防ぐため、必要かつ適切な安全管理措置を講じるとともにその改善に努めます。

3.個人情報の取扱について

(1)利用目的の特定

弊社では、取得した会員の氏名、住所、電話番号等の個人情報を下記の目的で利用します。

弊社のサービスの提供、会員の本人確認、料金の請求、お問合せ対応、弊社のサービス等の変更・休廃止の通知、弊社が提供する他サービスのお知らせ・各種イベント・キャンペーンの案内に利用いたします。

(2)個人情報の開示

弊社は、会員から自己に関する個人情報の開示の請求があった場合は、本人確認を行ったうえで、これに応じます。また、個人情報の内容の訂正等の申出があった場合も、速やかに対応いたします。

(3)個人情報の利用・提供

サービスを提供するために必要な範囲でお客さまの個人情報を取得し、取得目的の範囲内で利用・提供を行います。

(4)第三者提供

弊社は、個人情報を取得目的の範囲内で利用するとともに、適切な方法で管理し、個人情報の提供先とその利用目的を通知し承諾を得ることを行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。ただし、次の場合はこの限りではありません。

弊社が行う個人情報の第三者提供は以下の通りです。

・刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合。

・特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合。

・生命、身体又は財産の保護のために必要があると弊社が判断した場合。

4.個人情報のお問い合わせ

弊社保有の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、以下までお願いします。

お問い合わせ

個人情報保護方針

1.個人情報保護宣言

株式会社黒田商事(以下「弊社」といいます。)は、会員皆様へ安心・安全・信頼のサービスを提供するに当り、会員皆様の全ての個人に関する情報(以下「個人情報」といいます。)の取り扱いについて規定を定め、個人情報の適切な保護に努めてまいります。

2.個人情報保護方針

(1)弊社は、個人情報保護法及び通信の秘密に係る電気通信事業法の規定その他の関係法令を遵守します。

(2)弊社は、電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン(平成16年8月31日総務省告示第695号)を遵守します。

(3)弊社では取り扱うすべての個人情報に対し、適切な管理を行います。

(4)弊社で業務に従事するすべての者は、会員皆様をはじめとする各種個人情報を守り、その信頼に応えます。

(5)弊社は、情報への不正アクセス、情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防ぐため、必要かつ適切な安全管理措置を講じるとともにその改善に努めます。

3.個人情報の取扱について

(1)利用目的の特定

弊社では、取得した会員の氏名、住所、電話番号等の個人情報を下記の目的で利用します。

弊社のサービスの提供、会員の本人確認、料金の請求、お問合せ対応、弊社のサービス等の変更・休廃止の通知、弊社が提供する他サービスのお知らせ・各種イベント・キャンペーンの案内に利用いたします。

(2)個人情報の開示

弊社は、会員から自己に関する個人情報の開示の請求があった場合は、本人確認を行ったうえで、これに応じます。また、個人情報の内容の訂正等の申出があった場合も、速やかに対応いたします。

(3)個人情報の利用・提供

サービスを提供するために必要な範囲でお客さまの個人情報を取得し、取得目的の範囲内で利用・提供を行います。

(4)第三者提供

弊社は、個人情報を取得目的の範囲内で利用するとともに、適切な方法で管理し、個人情報の提供先とその利用目的を通知し承諾を得ることを行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。ただし、次の場合はこの限りではありません。

弊社が行う個人情報の第三者提供は以下の通りです。

・刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合。

・特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合。

・生命、身体又は財産の保護のために必要があると弊社が判断した場合。

4.個人情報のお問い合わせ

弊社保有の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、以下までお願いします。

お問い合わせ

個人情報保護方針

1.個人情報保護宣言

株式会社黒田商事(以下「弊社」といいます。)は、会員皆様へ安心・安全・信頼のサービスを提供するに当り、会員皆様の全ての個人に関する情報(以下「個人情報」といいます。)の取り扱いについて規定を定め、個人情報の適切な保護に努めてまいります。

2.個人情報保護方針

(1)弊社は、個人情報保護法及び通信の秘密に係る電気通信事業法の規定その他の関係法令を遵守します。

(2)弊社は、電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン(平成16年8月31日総務省告示第695号)を遵守します。

(3)弊社では取り扱うすべての個人情報に対し、適切な管理を行います。

(4)弊社で業務に従事するすべての者は、会員皆様をはじめとする各種個人情報を守り、その信頼に応えます。

(5)弊社は、情報への不正アクセス、情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防ぐため、必要かつ適切な安全管理措置を講じるとともにその改善に努めます。

3.個人情報の取扱について

(1)利用目的の特定

弊社では、取得した会員の氏名、住所、電話番号等の個人情報を下記の目的で利用します。

弊社のサービスの提供、会員の本人確認、料金の請求、お問合せ対応、弊社のサービス等の変更・休廃止の通知、弊社が提供する他サービスのお知らせ・各種イベント・キャンペーンの案内に利用いたします。

(2)個人情報の開示

弊社は、会員から自己に関する個人情報の開示の請求があった場合は、本人確認を行ったうえで、これに応じます。また、個人情報の内容の訂正等の申出があった場合も、速やかに対応いたします。

(3)個人情報の利用・提供

サービスを提供するために必要な範囲でお客さまの個人情報を取得し、取得目的の範囲内で利用・提供を行います。

(4)第三者提供

弊社は、個人情報を取得目的の範囲内で利用するとともに、適切な方法で管理し、個人情報の提供先とその利用目的を通知し承諾を得ることを行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。ただし、次の場合はこの限りではありません。

弊社が行う個人情報の第三者提供は以下の通りです。

・刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合。

・特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合。

・生命、身体又は財産の保護のために必要があると弊社が判断した場合。

4.個人情報のお問い合わせ

弊社保有の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、以下までお願いします。

お問い合わせ

情報セキュリティ基本方針

株式会社黒田商事(以下「当社」という)はコンプライアンスの徹底を行い、より良いサービスの供給を目指している企業です。 当社は、これらの事業を通じて取り扱うお客様の個人情報や社内情報(以下、「情報資産」という)を最重要資産のひとつとして認識し、また、この情報資産のセキュリティを適正に維持することは社会的な責務であると考えます。 この考え方に基づき、当社は、下記の通り情報セキュリティ基本方針を定め、これを実践し、継続的に改善、向上に努めることをここに宣言します。

1. 情報セキュリティの定義
情報資産の「機密性」「完全性」「可用性」を確保し、維持することを指します。

2.目的
情報資産を適切に扱うことにより、情報資産を守ります。
正確な情報を必要なときに許されたものだけが利用できる状態を維持し、お客様、取引先  様などの信頼に応え、企業としての社会的責任を果たすことを目的とします。

3.適用範囲
情報セキュリティマネジメントシステムの適用範囲は、当社の全組織及び全業務とする。

4.実施事項
(1)情報セキュリティの基本的な維持事項である「機密性」、「完全性」及び「可用性」を確保し維持すること。
(2) 社内規則、規制及び法律の要求事項に違反しないこと。
(3)重大な障害又は災害から事業活動が中断しないように、予防及び回復手順を策定し、定期的な見直しをすること。
(4)情報セキュリティの事件、事故及び疑いのある弱点の全てが報告され、調査されること。

5. リスク対策の枠組み
当社は、情報セキュリティの実現および管理・運営が適切に行われていることを監査する
ための責任者として、情報セキュリティ監査責任者を設置します。

6. 情報セキュリティマネジメントに関する責任
万が一、情報セキュリティインシデントが発生した際の対処・対外的な報告をはじめとして、情報セキュリティに関する一般的な責任及び特定の責任は、当社の経営陣に属します。

7. 定期的見直し
経営陣は、常に変化するリスクに対して効率的にマネジメントを行うため、情報セキュリティマネジメントシステムの見直しを定期的に行います。

2013年7月1日制定
株式会社黒田商事

情報セキュリティ基本方針

株式会社黒田商事(以下「当社」という)はコンプライアンスの徹底を行い、より良いサービスの供給を目指している企業です。 当社は、これらの事業を通じて取り扱うお客様の個人情報や社内情報(以下、「情報資産」という)を最重要資産のひとつとして認識し、また、この情報資産のセキュリティを適正に維持することは社会的な責務であると考えます。 この考え方に基づき、当社は、下記の通り情報セキュリティ基本方針を定め、これを実践し、継続的に改善、向上に努めることをここに宣言します。

1. 情報セキュリティの定義
情報資産の「機密性」「完全性」「可用性」を確保し、維持することを指します。

2.目的
情報資産を適切に扱うことにより、情報資産を守ります。
正確な情報を必要なときに許されたものだけが利用できる状態を維持し、お客様、取引先  様などの信頼に応え、企業としての社会的責任を果たすことを目的とします。

3.適用範囲
情報セキュリティマネジメントシステムの適用範囲は、当社の全組織及び全業務とする。

4.実施事項
(1)情報セキュリティの基本的な維持事項である「機密性」、「完全性」及び「可用性」を確保し維持すること。
(2) 社内規則、規制及び法律の要求事項に違反しないこと。
(3)重大な障害又は災害から事業活動が中断しないように、予防及び回復手順を策定し、定期的な見直しをすること。
(4)情報セキュリティの事件、事故及び疑いのある弱点の全てが報告され、調査されること。

5. リスク対策の枠組み
当社は、情報セキュリティの実現および管理・運営が適切に行われていることを監査する
ための責任者として、情報セキュリティ監査責任者を設置します。

6. 情報セキュリティマネジメントに関する責任
万が一、情報セキュリティインシデントが発生した際の対処・対外的な報告をはじめとして、情報セキュリティに関する一般的な責任及び特定の責任は、当社の経営陣に属します。

7. 定期的見直し
経営陣は、常に変化するリスクに対して効率的にマネジメントを行うため、情報セキュリティマネジメントシステムの見直しを定期的に行います。

2013年7月1日制定
株式会社黒田商事

情報セキュリティ基本方針

株式会社黒田商事(以下「当社」という)はコンプライアンスの徹底を行い、より良いサービスの供給を目指している企業です。 当社は、これらの事業を通じて取り扱うお客様の個人情報や社内情報(以下、「情報資産」という)を最重要資産のひとつとして認識し、また、この情報資産のセキュリティを適正に維持することは社会的な責務であると考えます。 この考え方に基づき、当社は、下記の通り情報セキュリティ基本方針を定め、これを実践し、継続的に改善、向上に努めることをここに宣言します。

1. 情報セキュリティの定義
情報資産の「機密性」「完全性」「可用性」を確保し、維持することを指します。

2.目的
情報資産を適切に扱うことにより、情報資産を守ります。
正確な情報を必要なときに許されたものだけが利用できる状態を維持し、お客様、取引先  様などの信頼に応え、企業としての社会的責任を果たすことを目的とします。

3.適用範囲
情報セキュリティマネジメントシステムの適用範囲は、当社の全組織及び全業務とする。

4.実施事項
(1)情報セキュリティの基本的な維持事項である「機密性」、「完全性」及び「可用性」を確保し維持すること。
(2) 社内規則、規制及び法律の要求事項に違反しないこと。
(3)重大な障害又は災害から事業活動が中断しないように、予防及び回復手順を策定し、定期的な見直しをすること。
(4)情報セキュリティの事件、事故及び疑いのある弱点の全てが報告され、調査されること。

5. リスク対策の枠組み
当社は、情報セキュリティの実現および管理・運営が適切に行われていることを監査する
ための責任者として、情報セキュリティ監査責任者を設置します。

6. 情報セキュリティマネジメントに関する責任
万が一、情報セキュリティインシデントが発生した際の対処・対外的な報告をはじめとして、情報セキュリティに関する一般的な責任及び特定の責任は、当社の経営陣に属します。

7. 定期的見直し
経営陣は、常に変化するリスクに対して効率的にマネジメントを行うため、情報セキュリティマネジメントシステムの見直しを定期的に行います。

2013年7月1日制定
株式会社黒田商事

お問い合わせ

 

お問い合わせ

 

お問い合わせ

 

Copyright© 2014 株式会社黒田商事 All Rights Reserved.